敷地 理
Osamu Shikichi

敷地 理

"blooming dots"

2020

敷地 理

"Juicy"

2021

敷地 理

”輪郭の洪水、幸福と退屈” (舞踊譜 ”chimaeras” より抜粋)

2019

敷地 理

"shivering stars”(GIFより)

2020

敷地 理

"happy ice-cream"

2020

埼玉県生まれ、東京都在住。

少年時代には、自分が目指すなにかを見出せず、エネルギーを持て余しながらも、友達と近所のイオンで徒然に日々を過ごしていた。高校生のときに直島を訪れ、そこで得た鑑賞体験に、今までにない生に直面したような衝撃を覚え、美大へ進学する。大学で彫刻を学ぶなかで、石や木などの素材よりも、作品を特定の場所で経験するというような自らの身体感覚に興味があることに気付く。
敷地には己の身体を客体化することへの願望があるが、それは決して実現できない。しかし、相似形としての他者の身体に投影することや、身体を分割しダンスという単位に落とし込むことで、そこに近付こうと試みる。

2021年
  • 「Juicy / work-in progress」(YDC2021/ 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール + Phantom Live、神奈川)
  • 「blooming dots」(TPAM2021フリンジ/オンライン)
2020年
  • 「blooming dots」(CAF賞2020/代官山ヒルサイドフォーラム、東京)
  • 「振動する星々」(-exposition-来るべきアート/代官山蔦屋書店、東京)
  • 東京藝術大学大学院修士課程修了