English
現代アートはどうやって買えるのか?
(自分たちの手で、文化を耕す試み)
その問いを考えるため、「アート/空家 二人」ではアーティストと以下のような取り決めをしています。

アーティストは始めに
作品を1万円で販売します

作品が購入されたら

空き家

次回の展覧会でそのアーティストの
作品価格が1万円上がります

作品が購入されなければ

空き家

次回の展覧会でも
同じ価格で販売します

4万円以降は2万円を加算し

空き家

20万円まで展示を続けます

ただし、2回続けて購入されなければ

空き家 ニト

他のアーティストと交代になります

空き家
2020年10月23日 - 11月23日 金、土、日、月、祝日のみ営業 11時 - 19時
 
新型コロナウィルス感染症の対策について
  • 感染症予防の観点から以下の対策を実施いたします。ご協力お願いいたします。
  • 最大観覧者数を10人とします。
  • 1週目のみ(10/23~10/26)は、購入応募期間とします。希望される方が販売数を超えた場合、抽選いたします。
  • 購入応募期間終了後は、先着順となります。
  • 10/30にWebで作品を公開し、Webからも購入できるようにいたします。
空き家 ニト
二人 を始めるにあたって

あるときまで僕にとってアートは、たまに美術館で作品鑑賞するくらいの、少し離れた存在でした。
ところが、半分冷やかしで受けた美術大学に偶然合格し、その勢いのまま入学したことで、その距離感は変わりました。
大学で出会ったアートはみずみずしく、生き生きとし、抽象的だけれども見飽きない、とても魅力的なものでした。
いつのまにかのめり込み、結局これまで10年ほどアーティストを続けています。

アートは普遍的な表現を目指しますが、同時に「いま、ここ」で作り上げていく文化でもあります。 高校生の僕にとって、アートは「いま、ここ」の文化ではありませんでした。
どうしたら、あの頃の僕にアートを届けられるのだろう。
そして、なにより「いま、ここ」にいる、あなたに。

「二人」はその方法を手探りする場所です。
アーティストだけではその場所をつくることはできません。
ぜひお気軽に遊びにいらしてください。

二人代表 三木仙太郎

空き家 ニト